高齢者が犬を飼うということ

2015年7月28日

ただいま札幌。
母が入院することになり、つきそい及び老犬たちの面倒を見に、1週間こちらにいることにした。
こういうとき、フットワーク軽く動けるフリーランスでよかったなと、つくづく思う。

母は股関節の手術なので、特に心配することはない。入院手続きの際に「何か心配なことや不安なことはありますか?」と看護婦さんに聞かれ、普通は「手術が怖い」とか「個室に移りたい」などと答えるのかもしれないが、母の答えは「犬が心配」。

というくらい、今実家には、世話の必要な老犬が2頭いるのだ。

というか、いたのだ。


シーズーの良太。2015年7月23日、16歳で天国へ

良太は、祖父母が飼っていた犬。母とわたしがペットショップで買った、最後の犬(今は保護犬を迎え入れている)。1999年、祖父母の愛犬チャコが亡くなり、ショックで落ち込んでいた2人に、母とわたしが2ケ月の子犬を買ってきてプレゼントした。先代と同犬種のシーズーを。

ケーキが入っているような小さな白い箱を開けた祖父は激怒。

「今から飼えるわけないべや! こっちだっていつ死ぬかわかんないんだから!」

喜んでくれると思ったわたしと母はびっくりした。だって、2人ともめちゃくちゃ元気じゃん。どこも悪くないし、いま麻雀やってるし。

当時の祖父母は72歳と70歳。今なら、その年齢で子犬を飼い始めるなんて超無謀。絶対に反対する。でも、当時のわたしは犬に関する知識はほとんどなく、目の前にいるいつも元気なじーちゃんとばーちゃんが、新しい犬を飼うことでさらにいきいきと楽しく暮らせるはず、としか思っていなかったのだ。

結局、ばーちゃんが「あぁぁ、めんこいめんこい」と小さなシーズーの魅力にイチコロになり、怒り狂うじーちゃんをたしなめて飼うことになった。良太の「良」は、じーちゃんが自分の名前の「良光」から一字とってつけた。というくらい、すぐに溺愛した。

良太をものすごくかわいがっていたばーちゃんは、8年後、78歳で亡くなった。その後わたしの父も亡くなり(享年63歳。早すぎた)。母は祖父と暮らすようになった。

長い介護期間を経て、昨年祖父が亡くなった。86歳だった。

結局、良太が1人残されてしまった。16年前、こうなるなんて、母もわたしもこれっぽっちも思っていなかった。

良太はもちろんうちで引き取り、母が面倒をみることになった。母も犬を3頭飼っていたのだが、ゴールデンのひらりが亡くなり、チワワのルルが亡くなり、残っているのは13歳のコーギー、きらりと、16歳の良太の2頭。

今年のお正月に帰って来たとき、良太は足元もおぼつかず、ヨロヨロしていたけれど食欲はあった。16歳でこれだけ食べればエライ! というくらい。
最後に会ったのは、2週間前の7月15日。仕事で札幌に出張していたので、実家にも寄ったのだけれど、良太はもう寝たきりだった。犬の半年は、人間で換算すると2年といわれている。

正直、母が入院している間、わたしが1人でちゃんと面倒を見られるだろうか……と自信がなかった。「容態が急変したらどうしよう。車運転できないから、抱っこしてタクシーで病院連れて行くしかないか」などと、脳内でいろんなシミュレーションをしていた。

と心配をしていたら、母が入院する前に、良太は静かに息を引き取った。
きっと、入院中の母が心配しないようにと、良太は配慮してくれたのだと思う。苦しまず、おだやかな最期だったと聞いて心底ホッとした。

うちが買って来た犬だったから、やっぱり最後までうちが面倒を見るようになっていたのだろうな。うちで最期を迎えてくれてよかったなぁ……と心から思うし、母は何も心配することなく、安心して手術に臨むことが出来る。

コーギーのきらりもちょいといろいろとあり、「DM」という難病を患っている。後ろ足が2本とも動かないので、前足だけで歩く。車いすもあるのだけれど、これを1人で装着するのはなかなか大変。ということを初めて知った。コーギーくらいの体重だと、「1人が犬をかかえて、もう1人が後ろ足に装着」という、2人体制じゃないとちょっと難しい。

毎朝、バギーに乗せて近所の公園まで連れて行く。大して歩けるわけでもないのだけれど、きっと気分転換になると思うから。


たのしそう笑

母は64歳。「もう自分ひとりで犬を飼うのは無理」という。

「いつどうなるかわからないし、今ならじーちゃんの気持ちがわかるわ」
「70すぎに子犬なんて無謀だった」

と。

16年前は無知だったなぁ……。母もわたしも……(゜-゜)。
でも、じーちゃんもばーちゃんも、良太からたくさんの幸せをもらったと思っている。

じーちゃんは、「良太のこと頼むな」といって亡くなったので、梅津家が責任を果たせてよかった。母も良太もほんとうによくがんばってくれた。

犬との向き合い方を、犬たちからじかに教わっているなと感じる今日この頃。
時には大変なこともあるけれど、犬やネコとの暮らしは本当に尊いものだと実感する日々。

それにしても、順番に旅立っていってしまうのはさみしいものだね。

母がいない間、きらりの面倒をしっかりみてから、甲子園へと向かうのだ……!笑


【お知らせ】
・梅津有希子のTwitterはこちら
・最新情報はこちら

関連する記事

コメントを書き込む

必須入力

必須(公開されません)

任意